【2020】日本人がダバオに住むときにおすすめの物件・コンドミニアム大紹介♪

【2020】日本人がダバオに住むときにおすすめの物件・コンドミニアム大紹介♪

秘密基地のように、日本人の一部の人しか知らなかったダバオですが、現在は、フィリピン経済の主要都市のひとつとして注目を集めています。

 

日本との直行便の計画はなかなか進まないのが実情ですが、世界からの注目度はぐんぐん上昇しており、今後は日本人にも重要な都市の1つとなるのではないかと考えています。

 

日本人がダバオに来るとき、みなが困るというのがダバオでの住居の探し方

 

フィリピンでは住居探しが難しいことはよく知られていますが、ダバオもしかり。日本人が快適に住める住居をある程度安価な価格で見つけることは簡単ではありません。

 

そこで本記事では、ダバオに住む予定の日本人にとっておすすめの物件を紹介します。

短期間の宿泊の方は、おすすめのホテル一覧へ→こちら

 

ダバオのおすすめ賃貸物件

ダバオで長期にわたって住むためには、賃貸物件を借りる必要があります。

日ごとのホテルやコンドミニアム利用も可能ですが、1カ月以上の長期にわたって滞在するには、月額払いの賃貸がおすすめ。

 

ダバオでの住宅賃貸は、以下の方法があります。

※1ペソ=2.15円程度(2020年7月12日現在)

住居の種類 価格帯(例) 概要
ボーディングハウス 1000ペソ~ フィリピンでよくある、一つ屋根の下で共に暮らすスタイルです。安いボーディングハウスでは、同居人と同じ部屋で寝食を共にします。少し高めのボーディングハウスでは、小さな個人部屋がもらえるところもあります。セキュリティや衛生面がイマイチのところが多いため、日本人は基本的には避けるのがよいでしょう。
アパート 3000ペソ~ 日本のアパートと同様の仕様です。個人の部屋があり、トイレやキッチンがついています。値段は築年数やきれいさ、広さによって様々ですが、日本人向けのアパートメントは8000ペソ~といったところ。1万ペソ程度出せば、最低限の衛生面が保たれた快適な部屋をレンタルできます。また、生活家具がすでに揃っている部屋は、家賃も少し高め。何もない部屋を借りるか、家具がある部屋を借りるかは個人の自由です。
日本人向け物件 10000ペソ~ ダバオには、ミンダナオ国際大学があるダモサ地区の近辺に、日本人向けの物件がいくつか存在します。セキュリティもしっかりしたエリアにあるため、お値段は2万ペソほどする物件がほとんどですが、日本人にも適した施設が整っていますし、何かあったときにも助けてもらえます。
コンドミニアム 15000ペソ~ 日本語で豪邸や集合住宅を意味するコンドミニアム。24時間体制の入り口監視に、共用施設の定期的な清掃、プールなどが揃った高級物件。フィリピンであれば、狭い部屋であれば1万5000ペソで、家具つきのコンドミニアムをレンタル可能です。少し広い部屋を借りようと思えば20000ペソ~といったところでしょうか。値段はコンドミニアムの質によって様々です。
一軒家 20000ペソ~ 大人数で利用したい場合におすすめなのが一軒家のレンタルです。一階建てや2階建ての一軒家、新しい家や古い家など、様々です。ただ、安い古い家は、日本人のフィリピンに慣れていない人が住むには少し不安が残ります。ある程度快適に住みたいならば、2万ペソ~の一軒家がおすすめです。

 

 

ダバオの人口事情と住宅事情

ダバオは現在、フィリピン人からも外国人からも人気の都市ですので、移住者がたくさんいます。また、ビジネス目的で移り住む人も多くいます。また、フィリピンでは出生率も高く、特にダバオは若い母親が多い都市として知られていますので、人口はぐんぐんと上昇。

 

2020年のダバオの人口は約182万人といわれていますが、2025年には200万人をこえ、2030年には225万人をこえると予想されており、ものすごいスピードで人口増加が進んでいるのです(参照)。

 

ダバオ市の経済発展と今後の人口増加が相まって、土地価格はぐんぐん上昇。10年前と比べると、2倍、3倍になった物件や土地も少なくありません。また、コンドミニアムなどの外国人向け物件は、中国人が将来性を見越して爆買いしており、現在建設ラッシュの真っただ中。

 

 

このような背景もあり、ダバオで好条件の物件を見つけるのは簡単ではありません。外国人の場合、お金を持っていることを逆手に取られ、相場よりも高い値段を吹っ掛けられることもあり得ます。

 

つまり、ダバオの情報に疎い場合、適した物件を見つけることはできません。後で紹介しますが、ダバオの最新住宅情報が集まる場所は、不動産サイトではなく、Facebookの物件グループです。ダバオで好物件を見つけるためには、ダバオに適した方法を利用することが大切です。

 

しかしながら、ある程度のおすすめ物件を紹介することはできます。以下におすすめ物件を載せておきますので、必要に応じて利用ください。

 

 

日本人向けのダバオの賃貸物件

今回は、日本人にとっておすすめのアパートメントやコンドミニアム、日本人向け住居について紹介します。

 

 

ダバオで日本人向けのおすすめ住居・アパート

ダバオで、日本人向けに提供されている住居・アパートを紹介します。オーナーが日本人に理解のある方のため、困ったときには相談に乗ってくれるでしょう。

 

JJMARS

ダバオの高級住宅街「ベリサリオハイツ(Belisario Heights)」にある一軒家。建物内には10を超える小部屋と3つの共同キッチンがあります。一番の魅力はお値段。ベルサリオハイツという好立地にありながら、格安でレンタルできるのが最大の特徴です。

 

部屋の種類は2種類あり、小さ目の部屋は10500ペソで家具付き。大き目の部屋は15000ペソで家具付きです。何よりもうれしいのは、フィリピンでは非常に高くつく電気代とWifi代が料金に含まれているところ。水道代も無料です。もちろん温水シャワーあり。

 

ダバオ愛好家のおじいちゃん軍団に超人気で、時期によってはすべての部屋が埋まるほど。ダバオに初進出の方であれば、お世話好きなベテランのみなさんが、生活の仕方を手取り足取り教えてくれるでしょう。

 

安全・安心の住宅で、かつ安く済ませたいと考える方におすすめの物件です。

ウェブサイトはありませんので、友達からの口コミがメインです。もし安くてセキュリティのしっかりした部屋をお探しでしたら、ぜひお気軽に相談ください。

 

カーサマリア

ダバオで日本人に一番人気ともいえる物件が、日本人向けのウェブサイトが充実したダバオの民宿「CASAMARIA(カーサマリア)」です。

カーサマリアもJJMARSと同様に、「ベリサリオハイツ(Belisario Heights)」の中にあります。入口から少し離れた坂の上にありますので、移動は少し大変ですが、水害にあう心配はかなり低いといえるでしょう。

 

自称プチホテルということもあり、ビールなどもお願いすればすぐに出してくれます。部屋は3サイズあり、通常部屋が月額21000ペソ、スイートルームが25000ペソと38000ペソです。共同のキッチンがありますので、料理も好きなように作れます。鍵付きのキャビネットがあるため、貴重品の保管にも最適。高速Wifiもついています。

 

スタッフにお願いすれば、市内観光や施設の予約などもしてくれますので、ダバオに慣れていない人にはおすすめの民宿です。素敵なお庭でゆったり過ごすのもいいですね。

 

カーサマリアのウェブサイトはこちら

 

あやめレジデンス

日本人の退職者向けに作られた一見変わったアパートメントがあやめレジデンスです。退職後、老後に、ダバオで快適な第2の生活ができるようにと作られてたアパートです。SMラナンやミンダナオ国際大学から徒歩圏内の位置にあります。

 

日本フィリピンボランティア協会と強いつながりがあるアパートで、住居提供の他にも、ダバオで快適に過ごすためのノウハウを教えてくれます。家具なしの1階であれば月額16000ペソ~、家具付きであれば22000ペソ~の料金設定です。部屋は60㎡の2LDKですので、広さは十分。また、部屋によってはバスタブ付きという日本人に特化したアパートです。

 

電気代などは別料金となるので、総合的なコストは少し高めになりますが、大きな部屋で快適に過ごしたいという方にはおすすめのアパートです。入口はすべて分かれていますので、プライバシーを保ちたい方にもおすすめ。

 

情報が少し古いですが、日本人向けの作られたホームページもありますので、興味があればのぞいてみてください→こちら

 

 

これらのアパートや民宿は、日本人が住みやすいように設計されています。これらの拠点をうまく活用することで、ダバオのことをあまり知らない人であっても快適に過ごせるでしょう。しかしながら、日本人向けの施設が備えられていること、安全面、セキュリティが高いなどの理由で、通常のアパートよりは少し割高になっています。もっと安い、ダバオ人と同様のアパートを探すためには少しテクニックがいりますので、もし興味があれば相談ください。

 

 

ダバオで日本人向けのおすすめコンドミニアム

日本人がダバオで快適に住むためには、コンドミニアムがおすすめです。

ただ、コンドミニアムのオーナーはほぼ外国人のため、レンタルするためには最低限の英語力とネットの検索力が必要となります。

 

Northpoint Camelia(ノースポイントカメリア)

値段とアクセスを考えた際に、まずおすすめなのが、ノースポイントカメリアです。ダバオの巨大バイパスの脇に位置しているため、どこに行くにしてもアクセス抜群。また、近くに日本人に人気のショッピングモール「アブリーザモール」もあるため、買い物にも便利です。入口の警備も万全で、プライベートプールもついています。

 

値段は、コンドミニアムの中では比較的安めで、小さ目の部屋であれば月額15000ペソ~で家具付きの部屋が見つかります。運がいいと、家具なしの部屋が12000ペソで借りられることもあります。

 

問題点としては、モールが徒歩では少し遠いかなという位置にあることと、新しいコンドミニアムの建設が常時進められているため、場所によっては工事音がうるさいこと。また、新しいコンドミニアムにも関わらず、外見が古く見えることなどでしょうか。

 

購入するならば少し考えてしまう物件ですが、賃貸としてレンタルするのならばおすすめできるコンドミニアムです。

 

 

Adida Tower(アビダタワー)

ダバオの中心地(ダウンタウン)に近い場所に住みたい方は、アビダタワーがおすすめ。ダウンタウンに近い場所に位置する高層コンドミニアムです。高層階をレンタルすれば、ダバオ市内が一望できます。また、値段はお手頃価格で、月額15000ペソで家具付きの高層階がレンタルできることも。プライベートプールも備えられており、高級感あふれるコンドミニアムです。

 

問題点としては、高層コンドミニアムメインのため、敷地は広くないこと。コンドミニアム周辺でゆったり過ごしたい方には不向きですね。大通りに面しているためアクセスは抜群ですが、排ガスや騒音が少し気になります。

 

また、2019年に発生した地震で多少のダメージを受けたため、建物の安全面を重視する人は避けたほうがいいかも。

 

 

アブリーザプレイス・アブリーザレシデンス

高級モール「アブリーザ」を囲むように作られたアブリーザプレイスとアブリーザレシデンスは、ダバオのコンドミニアムの中でも、高級コンドの部類に入ります。アブリーザモールが目の前にあることに加え、高級感のある見た目と丁寧に作られた施設。部屋も、一番小さくても31㎡程度あるため、快適に過ごすことができるでしょう。

 

お値段は少し高めで、月額30000ペソ~が基本。借り手がつかないときは、28000ペソ、25000ペソという価格でオファーが見つかるときもあります。ただ、ほとんどの部屋がすでに家具と生活雑貨を備えているため、何も買い足さずに快適な生活を送ることができます。

 

あくまでも建物メインで作られたコンドミニアムのため、コンドミニアム周辺は少し寂しい感じですが、そこはアブリーザがあるので問題なし。長期で住むには少し高めの値段設定ですが、短期で住んだり、日本人ベースの給料が稼げているのならば、ぜひ検討してほしいコンドミニアムです。

 

他にも、現在多くのコンドミニアムが建設ラッシュ。建設中のコンドミニアムの中にも、いくつかねらい目のコンドミニアムがありますので、随時情報を更新していけたらと思います。

 

 

ダバオでの賃貸物件の探し方

ダバオで賃貸物件を探す方法はいくつかあります。

 

歩いて探す

とても原始的ですが、確実な方法が歩いて探すという方法。

ある程度、住む場所に狙いをつけ、そのあたりを歩き回ります。すると、For Rentと書かれたボードが見つかるので、そこに電話かメッセージを入れ、内見を依頼するという方法。

 

実際に物件の外見を見てから内見を依頼できるので、大きなずれを防げます。ただ、フィリピンは暑いですので、歩き回るのはなかなか大変。ある程度はエリアを絞ったうえで探すことが大切ですね。

 

インターネットで探す

多くはありませんが、ダバオの賃貸物件を取り扱うサイトがあります。例えば、「Davao comdo rent」「Davao apartment rent」などと検索すれば、上位に出てくるでしょう。

 

オンライン上で写真を見て、値段や条件を確認できるため、非常に簡単。ただし、値段は少し高めの物件が多い印象。また、情報が更新されていないことも多く、条件が変わっていたり、すでにレンタルされていたり・・・という感じですね。

 

Facebookで探す

ダバオで最も主流の方法が、Facebookを活用して探すという方法です。Davaoの不動産グループに入れば、最新の情報がこれでもか、というほど流れてきます。また、フィリピン国内では、Facebookでの販売ツール「マーケットプレイス」が利用できるため、そこに最新のレンタル情報が大量に集まっています。仲介業者なしの値段ですので、上記の賃貸サイトよりも安いですし、値段がコロコロ変わるため、運が良ければお買い得物件が見つかります。

 

もし、Facebookをうまく活用できるようであれば、この方法が最もお得で、よい物件が見つかるでしょう。

 

 

ダバオで賃貸物件を探す際に気を付けること

ダバオで賃貸物件を探す際に気を付けることをまとめました。

 

契約書を依頼しよう

フィリピンでは、部屋の貸し借りは個人→個人になることがほとんどです。そのため、契約書がないこともしばしば。しかし、契約書がない場合、何か問題になることもあり得ます。簡単でもいいので、最低限の情報が含まれた契約書を準備してもらえるようにお願いするといいでしょう。

 

連絡はフィリピン人を介して取ること

日本人向けの物件や、値段がはっきり記載されている物件は別として、外国人が直に連絡を取ると、外国人価格を吹っ掛けられることももちろんあります。そのため、最初の連絡は、できればフィリピン人にお願いしましょう。そうすれば、通常のフィリピン人向けの価格で契約を進めることが可能です。

 

写真には騙されない。必ず現地を確認

Facebookやウェブサイトの写真ではきれいであっても、あくまでも画像加工がしてあるだけで、実際にはひどい状態であることもしばしば。そのため、写真だけでは絶対に決めず、必ず人の目で確かめるようにしましょう。もし、ダバオにいないようであれば、友達や知り合いに頼んで内見をするとよいでしょう。

 

 

終わりに

今回は、日本人がダバオで暮らすために必要となる賃貸物件の情報について紹介しました。

上記で紹介した物件は、比較的見つけやすいかと思います。もし上記、もしくは上記以外で、賃貸物件をお探しの場合、できる限りサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

 

みなさんがダバオで楽しく生活できることを心より願っております。

 

【2020】ダバオで生活するために必要な生活費完全公開♪

ダバオのおすすめホテル10選!便利なホテル予約サイトも紹介します♪