ダバオで土地や住宅は日本人でも購入できるの?フィリピンのルールやダバオの住宅相場情報♪

ダバオで土地や住宅は日本人でも購入できるの?フィリピンのルールやダバオの住宅相場情報♪

老後の移住先として注目を集めているダバオ市。

 

中には、ダバオで土地や住宅、マンションやコンドミニアムを購入したいと考える方もいると思います。

 

しかし、フィリピンの土地購入のルールは少し複雑。場合によってはだまされて、大きなお金を失うことも・・・

 

ということで、本記事では、ダバオで日本人が、土地や住宅、マンションやコンドミニアムを買えるのかについて紹介します。

 

 

ダバオで土地や住宅は購入できる?

答えから言ってしまえば、日本人は、ダバオを初めとするフィリピン国内において、土地の購入はできません。

また、同様にマンションの購入もできません。

 

フィリピンの法律の中で、フィリピン国内では、土地を所有できるのは、フィリピン国籍を持つ人のみとされています。

 

そのため、日本人名義で土地を購入することは、基本出来ません。一部、フィリピンに会社を設立し、条件を満たせば、会社の所有物として土地の購入はできますが、これは少し例外。

 

その一方で、住宅の購入はできます。これはあまり知られていないのですが、フィリピンでは、土地の所有権と住宅の所有権が別物扱いされるため、フィリピン人の土地の上に、日本人所有の住宅を建てることはできます。

 

ただし、土地>住宅という力関係ですので、土地の所有者が土地の売却を決めた場合、家を失うことになります。怖いですね。このような理由から、フィリピンでは一般的に、日本人名義で土地や住宅を持つことはできないと言われることが多いです。

 

唯一例外なのはコンドミニアムで、コンドミニアムの部屋のみ、外国人が所有することが認められています。日本人でも所有できるわけです。

 

そのため、ダバオで自分名義の住宅を所有したいと考えた場合、ほぼ一択でコンドミニアムになります。ちなみにマンションは、土地と住宅の関係と同じです。法律上は所有できるかもですが、いつ失うかわかりませんので、おすすめしません。

 

 

ダバオで一軒家を購入する方法

しかし、コンドミニアムは金額が高い上に、維持費もかかります。また、家庭菜園などをしたい人は、一軒家を望む人もいることでしょう。ダバオで一軒家を購入する場合、上記でも紹介したように、日本人の土地所有はできません。そのため、フィリピン人名義で土地を購入することになります。

 

では、フィリピン人の友達の名前を貸してもらえばいいか、というと・・・非常に危険です。土地は大きな資産になりますので、友達がお金ほしさに裏切ることは十分あり得ます。

 

そのため、ダバオで一軒家を購入する場合には、100%信頼できるフィリピンを見つけることが重要です。すでに籍を入れており、一生をともにすることを決めている婚約者などですね。

 

もしこのような条件であれば、婚約者名義として一軒家を購入することは選択肢の1つかと思います。ダバオでは、土地および住宅の値段が上がり続けているので、狙い目の家を購入できれば、投資としても大きな可能性があります。ただし、不動産価格がどうなるかは誰にもわからないため、自己責任で購入する必要があります。

 

 

ダバオの土地や一軒家の値段について

ダバオの土地や一軒家の価格に関しては、「場所による」というのが実際です。ダバオ市街へのアクセスがよい場所や、高級住宅とされる場所、治安のよいビレッジ(日本で言う町のようなもの)は、土地価格も住宅価格も高いです。

 

そのため、あくまでも参考としてですが、100㎡ほどの一軒家で、

古い家で少しアクセスが悪いところ・・・100万~200万ペソ

アクセスがよく、そこそこきれいな家・・・200万~400万ペソ

人気のビレッジ内の家・・・300万ペソ~

 

といった感じでしょうか。ただ、家については、築年数や広さ、管理状況、そして何よりも場所が影響するため、平均はあくまでも参考にしてください。

 

少し広めの家や、高級ビレッジの家の販売では、600万ペソや800万ペソの家の販売を見ることもあります。また、豪邸などでは、1000万ペソ、2000万ペソ、4000万ペソなどもありますね。

 

基本的には、日本と比べると土地や住宅価格は、まだまだ安い印象ですが、住宅の質はあまりよいとは言えません。一軒家を購入する際には、実際に見てから決めることが重要になるでしょう。また、ダバオをよく知る人と一緒に探したり、場合によっては値段交渉をしてもらうことで、よりよい物件を見つけることができます。

 

 

ダバオのコンドミニアムの値段について

ダバオは現在、建設ラッシュです。ダバオ市内のいたるところに建設中のコンドミニアムの姿を見ることが出来ます。

コンドミニアムの値段は、基本的には所有面積×設定価格で決まります。例えば、1ルームの25㎡の部屋で、設定価格が1㎡ごとに100,000ペソであれば、基本の金額は250万ペソです。倍の広さの50㎡であれば500万ペソですね。

 

コンドミニアムの値段は、建設会社や土地の場所、コンドミニアム全体の施設充実度などによってまちまちです。しかし、数年前は、大体30㎡ほどのコンドミニアムが200万ペソほどで売られていました。現在では、同じ広さの新築を購入すると、350万ペソほどですね。かなり値上がりしているように感じます。

 

私も、いくつかのディベロッパーを回りましたが、1㎡が100,000ペソ以下のコンドミニアムは、あまりない印象です。あっても、ダバオ市街からはかなり離れている場所、もしくはアクセスが悪かったり、まわりに何もないか。もしくは、一部の部屋を限定で売る場合に、安めの部屋の情報を見ることがあったぐらいです。

 

ここ数年で劇的に値上がりしたコンドミニアムですが、現在コロナの影響で立ち往生中。コロナ後に再び値上がりするのか、もしくは値下がりするのかは、誰にもわらかない状態です。

 

ただ、コロナによって、好条件の部屋を手放す人も増えているよう。たまに不動産に行くと、好条件の部屋を紹介されることもあります。私が買った部屋よりも安くてよい条件・・・とショックを受けることもありますが、こればかりは仕方がないですね。

 

上記のような利用で、運がよければ掘り出し物のコンドミニアムを購入できることがありますが、やはりダバオでコンドミニアムを購入する際には、自分の目で確かめたり、コンドミニアム周辺をしっかり確認した上で購入することをお勧めします。日本人からすれば、値段的には許容範囲だとしても、大きい買い物には代わりはありません。ぜひ慎重に選んでくださいね。

 

 

終わりに

今回は、ダバオでコンドミニアムや一軒家を探している方向けの情報を紹介しました。

もし、ダバオ市で、コンドミニアム購入を考えている方や、一軒家を探している(フィリピン人の婚約者がいるなどで)場合は、お手伝いできることもあるかもしれませんので、ぜひご連絡ください。