ダバオに移住したらやるべきこと7選:生活がグッと便利になります

ダバオに移住したらやるべきこと7選:生活がグッと便利になります

フィリピンで最も安全な都市として注目を集めているダバオ。

 

マニラやセブと比べると日本人の外国人の姿は少ないですが、その安全性の高さから、旅行先ではなく、移住先やロングステイ先として選ばれることも多いんです。

 

しかしながら、海外に住むということは簡単ではなく、私もよく、「○○」について教えてくれないか?と相談を受けます。新しい土地での生活は簡単ではないですよね。

 

本記事では、ダバオの生活を充実させるために、移住したらやるべきこと7選を紹介します。これをすることで、ダバオでの生活がグッと楽になりますよ。

 

ダバオに移住したらやるべきこと7選

ダバオに来たら、下記のことを行うことで、生活の便利さが大きく増します。ぜひ試してみてください。

 

フィリピンの銀行で銀行口座を作ろう!オンライン口座を作ればより便利

フィリピンで長期で生活するとなると、お金の工面は大切です。

ダバオは犯罪が非常に少ない都市ではありますが、大量の現金を家に置いておくのはやはり心配。ATMを利用すれば日本の銀行からお金を引き下ろせますが、大きな手数料がかかります。

 

そのため、フィリピン国内の主要銀行で、銀行口座を作っておくと便利です。お金の預金はもちろん、日本から送金をする際にも非常にスムーズに行えます。

 

フィリピンにも多くの銀行がありますが、ダバオで生活するのならば、BDO、BPI、PNB、RCBCの4つの銀行のどれか1つの銀行口座を作っておくとよいでしょう。ただし、フィリピンでは最近、外国人の銀行口座所有のルールが厳しくなってきています。私はBDOをメインに使っていますが、口座開設にワーキングビザもしくは永住ビザなどが必要になる場合もあります。4つの銀行の中では、BPIが最も簡単に銀行口座が作れるといわれていますので、特にこだわりがなければ、家の近くにあるBPIに行って聞いてみるのがよいでしょう。

 

また、オンラインバンクも同時に開設することができれば、家賃の支払いや急な送金などが、家からでもできるようになります。非常に便利ですので、移住の際にはぜひ優先的に行ってみてください。

フィリピンの主要銀行【BDO】で銀行口座を作ってみた

 

日本からフィリピンへの送金手段を確認しよう

上記でも述べたように、海外ではお金の工面が非常に重要です。逆にいえば、お金があれば、何とかなる場面も多くあります。

しかし、持ってきた現金が尽きてしまい、日本のお金を送金したいが、やり方がよくわからないという方が非常に多いです(特に高齢の方)。

 

現在送金は、オンラインを利用して手軽にできるようになっていますが、多くの送金(レミット)会社では、事前登録が必要だったり、初回は送金に時間がかかったりと、思ったタイミングで送金できないことも少なくありません。

 

そのため、特に急ぎではない時期に、日本からの送金を一度試しておくことをおすすめします。一度やってしまえば、2回目以降は短時間で送金できますし、やり方も覚えているので安心。お金に対する不安が一気に減るでしょう。

 

日本からフィリピンへの送金方法はさまざまなものがありますが、個人的には、総合的な費用が安くなるトランスファーワイズやウェスタンユニオンがおすすめ。手軽さでいえばSBIレミットなどもよいかと思います。移住するとなると、送金手段は非常に重要ですので、慎重に選びたいところです。

 

トランスファーワイズであれば、私の紹介コードを使っていただければ、手数料が無料になりますので、興味のある方は使ってみてください(TransferWise紹介コード)。

フィリピンへの送金サービス「レミット」はどこが一番お得?

 

もしもの場合の病院を決めておこう

フィリピンでは、1年を通して感染症にかかる可能性があります。また、水や食べ物が原因の腹痛や、衛生面が原因の高熱など、病院に行かねばならない場面もあるでしょう。

 

私もダバオで、2度ほど高熱に悩まされました。薬局での薬や個人の努力ではどうにもならない場合もあるので、緊急時の病院についても事前に調べておくことをおすすめします。

 

フィリピンでは主に、パブリック(公立)病院とプライベート(私立)病院があります。パブリック病院は非常に安いですが、人が多く、また施設がイマイチの場合が多いです。そのため、フィリピン生活に慣れていない場合は、迷わずプライベート病院を利用してください。

 

ダバオでおすすめのプライベート病院は、以下の記事で紹介しています。移住であっても、短期の滞在であっても、自分の家の近くの病院を、かならず1つは確認しておくようにしましょう。

ダバオで覚えておきたい病院4選。困ったときにはすぐに連絡!

 

乗り物(とくにジプニー)の乗り方を覚えよう

ダバオでは、タクシーのぼったくりもありませんし、料金も日本と比べると非常に安いため、初期のころであれば、タクシーの利用で問題ないかと思います。しかし、移住して毎日使うとなると、やはりそこそこの値段がします。

 

その一方で、市民の足である「ジプニー」を利用できれば、4キロ以内であれば9ペソという非常に安い値段で移動できます(以降は1キロごとに1.5ペソ追加)。

 

しかし、ジプニーは日本のバスと違い、路面図があるわけでも、行き先がはっきりと明記されているわけでもありません。いくつかの手がかりの中から行き先を理解し、現地のルールにのっとって利用する必要があります。

 

いくつかのポイントや主要ルートを覚えてしまえば、ジプニーの利用自体は難しくありません。場合によっては目的地の目の前まで、激安価格で行くこともできます。ダバオについたら、友達からジプニーの乗り方を教えてもらうとよいでしょう(知り合いがいない場合は、私まで連絡くださっても大丈夫です笑)。

 

フードデリバリーのアプリを利用してみよう

自炊をする人ならばよいのですが、外食メインの人であれば、毎日の外食は少しめんどくさくなることもあるでしょう。そんなときに便利なのがフードデリバリーアプリです。ダバオでは現在、「フードパンダ」や「grabフード」などが人気です。

 

お店で食事をする値段と同じ(場合によっては安い)値段で、食事を家まで届けてくれるアプリです。一度使うと病みつきになるほど、手軽に利用できます。

 

ただし、デリバリースタッフの中には、英語が話せない人もおり、ビサヤ語オンリーで話すスタッフとのコミュニケーションの取り方も練習しておくとよいでしょう。私であれば、私の家の所在地と近くの目印を、はっきりとゆっくり伝えるようにしています。

 

以下の記事では、人気のフードデリバリー「フードパンダ」の使い方等を紹介していますので、ぜひトライしてみてください。

フィリピンのロックダウンはフードパンダで乗り切ろう!フード宅配サービスが超便利!!

 

フィンテックアプリを利用してみよう

最近ダバオで非常に注目を集めているのが、フィリピンの2大通信事業者の1つであるGlobeが提供する「GCash」です。

GCashのリリースはかなり昔ですが、フィリピン人は現金至上主義の人が多く、フィンテックアプリ、いわゆるお財布ケータイの利用には大きな抵抗があり、普及はいまいちでした。

 

しかし、コロナによる外出自粛なども重なり、自宅からさまざまな料金の支払いが一瞬でできるGCashに大きな注目が集まったのです。政府がGCashの利用を推奨したことも大きな影響を与えました。

 

GCashを利用すれば、電気代や水道代などの公共料金やWifiの支払いなどが、自宅から簡単にできます。以前は大行列に並んで支払いをする必要があったので、大幅な時間削減にもつながっています。

 

もし移住先の家や部屋が、自分で電気代などを支払う方式でしたら、すぐにでもGCashをダウンロードして、使い方に慣れておくことをおすすめします。

フィリピンのフィンテックアプリ「GCash」を徹底紹介!コロナウイルスで利用者急増中!

 

フィリピンの通販を利用してみよう

フィリピンは島国ということもあり、物流が良くありません。また、日本では簡単に手に入れられたようなアイテムは、ダバオ中のモールを探しても見つからない場合があります。

 

どうしてもこのアイテムがほしいんだ、というときには、店でのショッピングは諦め、通販を利用しましょう。

 

フィリピンでは、「Lazada」や「Shopee」などが人気の通販です。モールでなかなか手に入らないようなアイテムも、これらのECサイトであれば比較的簡単に見つかります。また、値段が安いのも特徴です。私は、肉を薄くスライスする「スライサー」や、おやつ作りに便利な「クレープクッカー」などを購入しました。

 

しかし、気を付ける点として、日本のように翌日に届くようなことはほぼありません。2週間、長い時には1カ月かかることもありますので、余裕をもって購入する必要があります。

 

とはいえ、これらのECサイトを使いこなせれば、移住生活がグッと便利になりますので、ぜひ試してみてくださいね。

フィリピンでの生活が超快適に!フィリピンのECアプリ「Lazada」とは?

 

終わりに

ダバオで移住する際に、ぜひ試してほしいこと7選について紹介しました。

ダバオは、治安の良さが何よりもの特徴の都市ですが、マニラやセブと比べると、日本人向けのお店も少なく、少し不便に感じるかもしれません。しかし、現地の流行をうまく活用すれば、かなり快適に暮らせるのではないかと思います。

 

もしダバオに移住したけれども、上記の7つをまだ行っていないようでしたら、すぐにでも試してみてくださいね。

 

素敵なダバオライフをお過ごしください。