英語が苦手な人のための英語入門2~英語の5文型は覚えるべき?~

英語が苦手な人のための英語入門2~英語の5文型は覚えるべき?~

みなさん、こんにちは。
今日も頑張って勉強していきましょうね。

先生、早く始めましょう!

まあまあ、そう焦らないで。まずは前回の復習です。

ポイント
英語ができると夢が広がる
英語ができないことで、あきらめなければならないことがある
英語習得までの道のりは長くて険しい
毎日がんばれば、必ず伸びる

私、国際結婚あこがれるかも~

私は外資系の会社でバリバリ働きますわ!

僕は・・・僕は・・・
困っている外国人を助けてあげたいな。

英語を学ぶ目的は様々です。勉強しているうちに、やりたいことが見つかるかもしれません。

それでは、お待たせしました。今日から英語の勉強を開始しましょう。
みなさん、英語の5文型って聞いたことがありますか?

先生、もちろんですわ!英語はすべて、この5つの文型からできているんですよね?

そうです。この5文型を理解すれば、すべての英語の文が理解できるようになるのです。でも、実際は、この5文型が日本人の英語学習者を混乱させているのも事実なんです。でも、驚くことに、この5文型を利用して勉強しているのは、世界でも日本ぐらいなんですよ。

なら、いらないってことじゃん!覚えるのやめちゃおうよ!

そうなんです。でもね、先生は日本人が英語を学ぶためには、この5文型がとっても重要だと思っているんです。特に初心者が英語の特徴を理解するためには、とっても便利なんです。

英語の特徴?

はい。特徴です。それぞれの言葉には特徴があります。日本語も、世界の人々から見ると特徴がある言葉です。むしろ、世界的に見たら、非常に珍しい言語と言えるのです。同じように、英語にも特徴があります。しかし、日本語と英語の特徴が、大きく異なっているのです。そのため、日本人が英語を習得するのは、とっても難しいといわれているのです。

英語と日本語の違い①
日本語は、主語+目的語+動詞の順番
私は(主語)、ご飯(目的語)を食べます(動詞)

英語は、主語+動詞+目的語の順番
I(主語) eat(動詞) rice(目的語)

英語と日本語では、単語の順番、つまり語順が異なることがわかりましたね。
ちなみに、日本語では、この語順が多少違っても伝わります。例えば、
「私食べる、ごはん!」
と言っても、なんとなく伝わりますね。
でも、英語では、
「I rice eat」というと、ポカーンとされることでしょう。

どうして日本語はよくて、英語はだめなの?

た、たしかに気になりますね~

それは、英語は、単語の配置に重きを置く言葉だからです。配置に重きを置いているのに、その配置を間違えてしまったのでは、伝わらなくても仕方ないですよね。
さらに、日本語は一文字位置文字をはっきり発音するのに対して、英語は単語と単語をくっつけて読むことが特徴です。そのため、単語の順番が間違っていると、ものすごい違和感になるのです。

うーん、英語って難しいな・・・

心配しないでください。この英語を、日本人でも学べるように助けてくれるのが、この5文型なんです。ちなみに私は、この5文型は現在、ほとんど意識していません。なぜなら、コツがわかれば、この文型は必要がなくなるから。でも、初心者に人たちには、とっても頼りになるものなんです。

英語における各文型の特徴と正しい使い方 より

これが英語の5文型です。

先生、ちんぷんかんぷん。

はい、多くの人たちがこれを見た瞬間に英語の学習をあきらめました。
でも、これを効果的に活用すれば、あなたの英語の力はぐんぐん伸びるんです。

先生、どうやって活用すればいいんですか?

それは次回、紹介しますね。今日の簡単なまとめだけして、終わりにしましょう。

私の出番だな!

ポイント
英語と日本語では、語順が異なる
英語は、語順が大切な言語なので、語順を間違えると相手に伝わらない
日本人が、その語順を正しく学ぶために重要なのが英語の5文型
初心者は、5文型をしっかり学ぶことが英語上達の近道

英語の5文型ですか。興味深いですね。

次回は、いよいよ、英語の5文型の活用法について紹介していきます。楽しみにしていてくださいね。