英語学習で変えるべきは、学習法ではなく心構え??Youtuber Aaronから学ぶ英語学習の極意とは?

英語学習で変えるべきは、学習法ではなく心構え??Youtuber Aaronから学ぶ英語学習の極意とは?

英語学習法に関して英語ネイティブが推奨する英語学習法がピックアップされることが多いのですが、

実は私は、英語ネイティブが推奨する英語学習法に対して懐疑的です。

 

例えば、あなたが日本語を学ぶ外国人から、日本語の効果的な学習方法を聞かれたとします。なんと答えますか?

 

私なら、

うーん、自然に身についていたから、よくわからない

と答えてしまいそうです。

語学の学習は大人よりも子どものほうが効果的なことは、科学的にもよく知られています。

その時期に毎日英語を浴び続けている英語ネイティブが英語を話せるようになるのは当たり前。英語ネイティブが自ら実践してきた学習法は、第二言語として英語を学び私たちには当てはまらないことが多々あるのです。

そのため、ネイティブによる英語学習法はすべて鵜呑みにせず、よく検討してから活用するようにしています。

その一方、同じ言語を話す日本人や第二言語として英語を学ぶ外国人による英語学習法は、大いに参考にさせていただいています。

Aaronさんはハンガリー出身の英語教師で、今では流暢な英語を話されますが多くの苦労を経験してきたとのこと。こういう人のアドバイスはとても説得力がありますね。

前置きが長くなりました。Youtuber Aaronさんの動画から英語の学習法?を紹介します。

 

 

YouTuberのAaronさんが英語学習者に伝えたい極意とは

 

 

Aaronさんは、英語学習の大切なチップスを、スポンジボブから学んだというのです。

スポンジボブ、知っていますか?

 

スポンジボブはある日、自分の容姿が醜いことに気づきます。

ヒトデのパトリックはそんなスポンジボブに、「醜くてなんだ??」と問いかけます。

スポンジボブは答えます。「醜くて、四角い!」

「ちがう。」パトリックはいいます。

「お前は、醜いから、誇らしいのだ。」

スポンジボブは繰り返します。「醜いから、誇らしい。僕は醜いから誇らしい!」

 

Aaronさんはこの場面をみて、英語学習をしている自分が思い浮かんだそう。

英語を上手に話せないからと臆病になり、失敗を恐れ会話をやめ、殻にこもっている自分自身と照らし合わせたのですね。

この経験をもとにAaronさんは、

英語学習に大切なことは、学習に対する心がまえだといいます。

 

本当に英語が話せるようになりたいのなら、

大胆になること

自信を持つこと

間違いを受け入れる勇気を持つこと

が大切だといいます。

 

英語学習において変えるべきは、

勉強方法ではなく、

自分の心だ。

 

きっとこれに気づいたのち、Aaronさんの英語力はグングン向上したことでしょう。

みなさんはいかがですか?

失敗を恐れずに、スピーキングにチャレンジしていますか?

私はというと、

文法のミスを気にしてしまうタイプです笑

でも、少しずつ、間違いを恐れずに発信していけるようにします。

今日の記事が、みなさんの英語学習のヒントになれば幸いです。

英語の勉強、一緒にがんばりましょう!