英会話が苦手な人と思っている人に贈る、英会話上達のコツ~前半~

英会話が苦手な人と思っている人に贈る、英会話上達のコツ~前半~

こんにちは。ページを訪問してくださりありがとうございます。
このページに興味を持ったあなたは、おそらく英会話に苦手意識を持っている方だと思います。

そんなあなたに、英語上達のコツを伝えられたらと思っています。

このページは、あくまでも「英会話」を苦手としている人に向けて作成しています。受験勉強やTOEIC等のテスト対策ではありませんのでお間違えなく。

【英会話・英語に関する私の過去】

実は私もそうでした。英会話が苦手、というか、英語も嫌いだし、外国人と目が合うだけでビビッてしまうし。
中学校や高校で6年間学習してきましたが、英語は大の苦手科目。
あれは確か中学3年生のとき、クラスの半分ぐらいの生徒が英検4級の試験を受けたんです。
私もその中の1人。
試験の結果が返ってきた際、英語教師が言いました。

「みなさん、よく頑張りましたね。残念ながら1人だけ受かりませんでしたが、それ以外の人は見事に合格しました。」

予想つきますよね?
はい、私です。
クラスの大半が合格する試験で、見事に私だけが検定に不合格という・・・それ以来、英語は私の中の1番の苦手科目であり、嫌いな科目であり、逃げ出したい科目でもありました。

しかし、そんな自分を何とかしたいと思い立ち、英語の学習を開始し、2年間の間になんとか英語の力を伸ばし、今では海外で英語でコミュニケーションをとりながら働いています。私の過去に関してはこちらのページに書いてあります。

【人気の英語学習法は、本当にあなたにとって効果的?】

世界には、数多くの英語学習法があふれています。
しかし、その多くは、英語の専門家によって提唱されているもの。
例えば、英語が大好きで、得意で、英語教師や英語学者になった人が提唱する学習法。
英語を子どもの頃から浴び続けて、自然と話せるようになったネイティブが提唱する学習法。
それらの学習法は、もちろん科学的に証明されているものも多く、多くの人にとって効果的だと思います。
しかし、英会話や英語を苦手とする人たちにすべてが当てはまるか、といえばそうではありません。
むしろ、当てはまらないもののほうが多いでしょう。
なぜなら、英会話や英語が得意な人にとって、苦手な人が何に困っているのか、ということは理解しにくいからです。

話は少し変わりますが、日本には歴史上有名な体育教師が何名かいます。その中の何人かは、運動がもともと大の苦手だった人だといわれているんです。運動が苦手だからこそ工夫を重ねて練習し、そのコツを理論化し、運動が苦手な子どもたちに伝えていったのです。

私は、英会話や英語が苦手な人の気持ちが非常によくわかります。何か言いたいのに言えないあの苦しみ、相手が何を言っているのかわからなかった時のあのパニック、大きな声で発声するように言われても発音が不安で踏み出せないあのもどかしさ。

そういった悩みを経験してきた私だからこそ伝えられることがあるのではないかと思い、このタイトルにて執筆しています。
英会話を苦手と考える皆さんに、何か1つでも伝えられたらうれしく思います。

英会話で自信を持って話す第一歩は、自己紹介の練習から

多くの人は言います。英語上達への近道は、自信をもって話すことだ!と。
でも、苦手な人はこう思います。そうしたいけど、できないから困っているんだよー!!と。
そう思った方、ぜひ読んでください。

英会話にてスピーキングをする際、自信を持って話すことはとっても大切なんです。日本人の発音は、海外の人々からは聞き取りにくいといわれます。実際、私の周りにも、日本人の英語はわからない、という人がたくさんいます。そんな日本人が口先でもごもごと話した言葉を外国人が適切に理解することはどれだけ難しいことか。そのため、自信を持って、大きな声で話すことは、英会話の基礎中の基礎ともいえる大切なことなんです。

しかし、できないんですよね。

だって、恥ずかしいし、不安だし、正しいかもわからないし・・・様々な不安要素が浮かんでくるかと思います。

そんなあなたにおすすめの方法は、自分の自己紹介をとことん鍛える!ということです。自己紹介は、相手の質問云々に関わらず、自分のスピード、自分のタイミング、使い慣れたフレーズを発信できる非常に重要な機会です。最初は4文程度の自己紹介を作り、それを伝える練習をしましょう。相手がいなくても、これなら鏡を見ながら1人でだってできます。これを繰り返すことで、大きな声での発声、いくつかの文でなら自信を持って表現できるという自信が付きます。慣れてきたら、4文から5文、6文、と増やしていきましょう。練習のときには、声が地面に落ちるようにぼそぼそと話すのではなく、相手にビューンと届くように、声を前に前にとばすことが大切です。自己紹介をとことん鍛えることで、英会話の基礎の基礎が身に付きます。ぜひ試してみてください。

困ったときの逃げ方を覚えれば、安心して英会話を楽しめます

多くの人は言います。失敗を恐れるな!失敗から学ぶんだ!どんどん話すんだ!と。
でも、苦手な人はこう思います。失敗が怖いんじゃなくて、言葉が出てこないことが怖いんだよー!!と。
そう思った方、ぜひ読んでください。

日本語では言いたいことがあるんだけど、英語でどう言えばいいかわからなくて、言葉が出てこなくなって、場の雰囲気が悪くなって、英会話の自信を無くす、という経験をしたことがありますか?ある方、安心してください。多くの人が経験しています。そして私もたくさん経験しました。
しかし、私は現在、そのように感じることはほとんどなくなりました。なぜなら、ある対処法を覚えたからです。こちらの記事にも書きましたが、人が何かにチャレンジする際に、それを妨げる大きな要因の1つは、恐怖なんです。
この恐怖への対処法を覚えることで、人は果敢にチャレンジしていけます。英会話が苦手な人の場合、多くの人が恐怖に感じることは言葉が出てこない、ということだと思います。そのため、例えば考える間を作るための表現「Could give me a second?(少し時間をいただけませんか)」で考える時間を貰ったり、質問が難しすぎて答えられないときには、「It’s a little challenging for me to answer, Can I change the topic?(答えるのが難しいです。話題を変えてもいいですか?)」と題材を変えるのも効果的です。また、「I can’t answer it, but what would you say?(私は答えられないけど、あなただったらどう答えますか?)」は、答えられない状況を避けるだけでなく、相手に回答例まで聞けてしまうおすすめ表現です。これらの困った状況を切り替える表現をいくつかストックしておくことで、積極的に英会話を楽しむことができるようになるでしょう。
今回はこれらの表現を大量に紹介するのは避けますが、オンライン英会話として人気のDMM英会話に、初心者向けのとっさのフレーズ帳が紹介されています。この中からあなたに必要な表現をいくつか覚えておくだけで、英会話のときの不安は一気に軽減されます。ぜひ試してみてください。

文法は学ぶ必要はない?英会話が苦手な人ほど、文法をしっかり勉強すべし!

以前紹介した人気YouTuberが言っていました。英語の文法は学ぶ必要はない!と。それもひとつの学習法だとは思いますが、英会話が苦手、と思っている人こそ、私は英語文法をしっかりと学ぶ必要があると思っています。なぜかというと、英会話の初期のころは、自分の言ったことが相手に伝わらない、というもどかしい経験を何度もすることになるんです。では、その伝わらない理由が何かと考えたときに、発音なのか、それとも声の大きさなのか、それとも文法的なミスなのか、何が問題なのかがわからなくなる現象が発生します。ただでさえ英会話に苦手意識を持っている人がこの伝わらない場を何度も経験するのは、結構しんどいのです。そのため、可能な限りミスを減らしつつ発信する練習をすることが、英会話を苦手としている人には効果的です。いくつかの要素の中で、何が一番ミスを減らせるのか、といえば、文法的な誤りです。これは、きちんと文法を学び、繰り返し練習をすることで激減させることができます。また、正しい文法を学んでおけば、世界中の人とも会話を楽しむことにつながります。英語が苦手だからこそ、いい加減な英語を学ぶのではなく、文法的に正しい英語を学ぶことで、自信をもって話すことにもつながります。これはあくまでも私の経験から得られた1つの案です。最終的には皆さん自身で選択してくださいね。

単語は随時覚えれば大丈夫?いえ、英会話に必須の単語は集中的に覚えるべし!

英単語の覚え方に関しても多くの考えがあります。その1つは、英単語は文の一部として覚えるのが効果的なので、単語帳などで覚えるのは効率が悪いというものです。私の考えとしては、英会話に必要となる基本的なワード1000~2000語は、単語帳でとことん覚える方法をお勧めします。
確かに、単語を文章の一部として覚えるという方法はものすごく効果的です。さらに他者から学んだ英語を蓄積して覚えるというのも非常に効果的です。しかしこの方法は中級者以上にはお勧めできますが、初心者や初級者、しかも英語を苦手としている人は、1つの基本的な単語帳をとことん勉強して、その単語を完璧に覚えることをお勧めします。なぜなら、英単語の記憶の定着度は、それを学習した回数に大きく影響を受けるからです。
記憶に関する理論を紹介するのはまたにしますが、とりあえず、単語を覚えて、即座に利用できるまで定着させるには、その単語に何度も何度も出会うことが重要といわれています。例えば、出会った1つの単語を覚えようとしたとしても、次にその単語に出会うのは、3カ月後?6ヶ月後?1年後?とっくに忘れています。

英会話に必要といわれているのは、1000~2000程度の頻繁に利用する単語です。その中でも、いくつかの動詞や形容詞、副詞、そして趣味や生活などで話題に上りやすい名詞のいくつかを覚えることで、大抵のことは表現できるようになります。初心者はこれらの単語をとことん覚えこんでください。そして、その単語を基に英作文や短い文を発声する練習を繰り返します。覚えた単語を何度も何度も使っているうちに、その単語を自然に使えるようになってきます。スポーツと一緒です。何度も何度も繰り返すこと。これ、とっても大切です。

最初は時間がかかっても大丈夫。ゆっくり応答から素早い応答へ徐々にステップアップ

英会話で重要な要素の1つとして、リスポンスの速さがよく挙げられます。これ、とっても大切なんです。でも、焦らないでください。ある程度会話力が付いてきて、適切な練習を繰り返せば、これは後からいくらでも改善できるんです。そのため、最初はゆっくりでもいいので、自分の気持ちを正しく表現する練習を繰り返していくことが重要であると私は考えています。例えば、リスポンスの速さばかりを求めて、とりあえずなんとなくの反応を返そうとする日本人を見たことがあります。しかし、何とかその場はやり流せていても、内容の濃い会話ができているかと言えばそうではありません。英会話の醍醐味の1つは、様々な価値観を持つ海外の人々とも意見を交換したり、お互いの文化を学び合ったりすることです。相手の意見を引き出し、自分の意見を正しく伝えるための力が非常に重要です。レスポンスばかりにとらわれず、深みのある英文を作れるように練習していくことをお勧めします。

英会話はマンツーマンレッスンから始めよう

英会話を上達させるためには、やはり話し相手が必要です。もちろん一人でのスピーキング練習も効果的ですが、話し相手がいたほうがモチベーションも維持できますし、自分の欠点などにも気付くことができます。最近では、語学関係のSNSで海外の人々とコミュニケーションをとることのできる無料アプリや、各地で開催されている語学学習のためのコミュニティやサークルなども多くあります。しかし、無料で継続して教えてくれる語学友達を見つけるのは簡単ではありませんし、コミュニティでのグループディスカッション(雑談?)では上手に話ができる人々に囲まれ、ただ聞いているだけで終わってしまうなんてこともよく起こります。もし英会話の力を本当に伸ばしたいと思うのであれば、自分のレベルに合わせて指導をしてもらえる英会話を開始するのが近道といえるでしょう。しかし、安いからとグループの英会話教室に通ったとしても、講義をただ聞くだけか、もしくは自分よりも上手に話せる人のスピーチを聞いて終わり、ということになりかねません。あなたのゆったりしたスピーチをじっくりと聞いてくれるような場はないと思ったほうがいいと思います。そのため、英会話初心者もしくは苦手としている人は、マンツーマンのレッスンを選んだほうが効率的に英会話の力を伸ばすことができます。日本の英会話スクールの人々には申し訳ないのですが、グループでのレッスンを受けるくらいなら、適切なYouTubeを視聴していたほうがよっぽど効果的です。グループレッスンではなく、マンツーマンレッスン。これ、とっても大切です。

初心者もしくは苦手な人だからこそ、オンライン英会話を活用しよう

英会話教室でのマンツーマンレッスンは非常に効果的だと思います。しかし、値段が高いこと、また、回数および時間が非常に短いことがネックとなります。週1回1時間のマンツーマンレッスンを受ければ、少なくとも月2万とか、それぐらいいきます。月4,5回でです。また、これで英会話が改善できれば問題ないのですが、やはり時間が少なすぎます。結局は自分で勉強して向上させるしかない、ということになります。その一方で、オンライン英会話はそれらの問題をすべてクリアしているんです。マンツーマンで自分のスピードに合わせて学べることに加え、毎日レッスンをとったとしても、10000円以下の値段で収まります。オンライン英会話の一番の問題は、直接人と会話できない、という点にあるのですが、これは、オンライン英会話を利用することで支出を抑え、長期休暇に語学留学に参加したり、英語圏に出向いたりして、とことん話しまくることでクリアすることができます。私は2年前、英語がまったくしゃべれない人間でした。英語サークルなどにも出向きましたが、当時はまわりのすべての人たちの英語がかっこよく聞こえ、恐縮したのを覚えています。しかし、オンライン英会話をはじめ、半年、1年、1年半と毎日使い続けることで、いつの間にか多くの人の英会話のレベルを短期間で追い越すことができました。英会話の初心者および苦手な人におすすめする一番のこと、それは、オンライン英会話を効果的に使うことだと私は考えています。それぐらい、私の英会話の力はオンライン英会話で伸びたのです。
現在はオンライン英会話の教師たちが多く住んでいるフィリピンの物価が低く、講師の給料も安くて済むため格安でオンライン英会話を受講できますが、これはこれからの数年で事情が一気に変わると思ってください。なぜなら、フィリンピンでは経済成長が急激に進んでおり、フィリピン人の給料事情も変わりつつあります。実際、多くのオンライン英会話は、月額費を上げています。これは、フィリピン人の給料事情にも関わっているのです。この安くてオンライン英会話が利用できるのは、今が最後のチャンスになるかもしれません。そのため、本当に英会話を向上させたいと思うのであれば、今、オンライン英会話をはじめることをお勧めします。私のウェブサイトのタイトルは、Dream、これは、自分自身はもちろんのこと、記事を読んでくださる皆さんが、英語を学ぶことで大きなチャンスを獲得し、夢に向かって取り組んでほしいと思っているからです。ぜひ英語をしゃべれるようになって、あなたが真にやりたいことに向かって突き進んでいくことを、心から願っています。

本記事では、英語の初心者や初級者、とくに英語を苦手としている人たちのための、私が考える英語学習のコツについて紹介しました。

次回は、後半として、さらなる情報をお伝えできればと思っていますので、また遊びに来てくださいね。