日本の英語力、非英語圏で53位 日本は英語の超後進国?

日本の英語力、非英語圏で53位 日本は英語の超後進国?
朝日新聞デジタルより(参照

朝日新聞デジタルにて、衝撃のニュースが発表されました。

スイスの国際語学教育機関がまとめた報告によると、英語を母語としない100ヵ国・地域で、日本の英語力は、53位だったというのです。

この順位を、世界の真ん中ぐらいとみるか、もしくはマズいとみるか、もしくは調査の信頼性を否定して無視するかは人それぞれです。(確かに信頼性のある調査ではありませんが、話題としては重要だと考えています)

私はマズいと感じました。

今回の順位の指標となったのは、世界各地で語学学校を運営しているEFエジュケーション・ファーストがオンライン上で行った無料テストが基盤となっています。

オンラインテストということは、基本的には、「読み」と「文法」が中心のテストだったと予想されます。

つまり、日本人が苦手とするスピーキングなどが含まれるテストではなく、大学受験などで日本人が鍛えてきた、受験英語が活かせる場であったのです。

それにも関わらず、順位は53位。これはマズいと考えるべきではないでしょうか。

これからの世界、英語が必要かどうかという議論をした場合、多くの意見が集まるでしょうが、私は英語は日本の未来のために必要だと考えています。

それぐらい、日本は今、ピンチともいうべき位置づけにいるのです。

その最たるものが、今後間違いなく進むであろう高齢化社会。

国土交通省資料より

今後、日本が存続していくためには、どうしても世界を相手にしなくてはいけなくなるのです。

日本こそ英語を学ぶべき、いや、学ばなくてはいけないのです。

しかしながら、英語教育の飛躍的進歩が望めるはずの大学受験に関しては、文部科学省が民間試験を延期する事態となり(参照)、また、英語カリキュラムの変更に関しては、小学校段階から英語嫌いを生み出すという、一番恐れていた事態が発生しています(参照)。

英語は現在、学校教育における価値が高まってきたため、子どもたちは少しずつ力を伸ばしていくと考えられます。

しかし現在、日本の社会人の感覚としては、英語は学びたい人は学ぶし、興味のない人は学ばない、というのが通常です。

しかし、これは日本の立場をさらに悪くします。

経済の面から言えば、現在訪日観光客によるインバウンドが順調です。しかし、外国人が道に迷って日本人に助けを求めるために話しかけた際、多くの日本人は申し訳なさそうに逃げていくといわれています。これは、どう考えても、外国人の印象を悪くします。

今後、日本にいても、英語を使う機会は多くなります。政府はインバウンドを今後の経済の重点課題に置いています。2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは多くの外国人がやってきます。2025年の大阪万博でも、多くの外国人がやってくるでしょう。

むしろ、インバウンド客が多くならなければ、日本の経済は終わりに向かって突き進みます。

英語は関心がある人が学べばいい、という我々日本人が持っている認識を変えていかなければ、今後、日本は世界から取り残されてしまうのではないか、それぐらいの危機感を私はもっています。

少なくとも、困っている外国人を助けてあげられるぐらいの英語力は、だれもが所持しているという未来を目指すべきではないでしょうか。