オンライン英会話を1000回受講した私がおすすめする、レッスンをより魅力的にする10の秘訣

オンライン英会話を1000回受講した私がおすすめする、レッスンをより魅力的にする10の秘訣

英語学習において、画期的ともいえる改革をもたらしたオンライン英会話。

オンライン英会話を上手に活用した人は、英語の力がぐんぐん伸びます。とくにスピーキングやコミュニケーション力。

しかし、Twitterをみていると、

期待通りにレッスンをしてくれなくて困った

という発信をよく見かけます。

そんな方におすすめする、「オンライン英会話のレッスンをより魅力的にする10の秘訣」をご紹介します。

余談:オンライン英会話に関する私の経験

過去、おそらく1000回程度のレッスンを受講してきましたが、私が覚えている限り、講師に対して5以外の評価をつけたのは、確か1度だけです。数回、学びが少なかったかなと感じ、評価をしなかったことはありますが、99%満足して5の評価をつけています。

では、一体どうすれば、自分の満足するレッスンになるのでしょうか?

その秘訣は、

「相手はすぐには変われないから、自分が変わる!」

です!具体的に説明します。

よいクラスは、講師と生徒で共に作るもの

よいクラスは、講師が生徒に一方的に教えるものではありません。お互いが尊重し合い、助け合うことでよりよいクラスが出来上がります。

当たり前のことですが、ついつい忘れがちな、とても大切なこと。一緒によいレッスンを作り、たくさん学ぶんだ、という気持ちを忘れないで!

教えることの難しさを理解する

私は元教員ですが、教えることって難しいんです。オンライン英会話には、多くの優れた先生がいるため、どうしても優れた先生と比較し、まだ力の乏しい講師を批判してしまいがちです。しかし、大切なことは、今この瞬間、このレッスンをいかに実りある時間にできるかどうか。

授業中は、相手の評価よりも、相手をより活かすことに力を注ぐべきです。評価は後でもできますから。

オンライン英会話の採用プロセスを理解する

通常、教員や講師というと、教え方もうまい!と思うことでしょう。実際、いくつかのオンライン英会話では、教授法にも力をいれ、講師の質を高めています。

しかし、多くのオンライン英会話の講師は、「英語がうまく話せる」という理由で採用されています。もし、教え方がうまい講師を取りたいなら、経験豊富な先生や、教員免許を持った先生を積極的に取りましょう。

『客なんだから、教え方の質を求めるのは当たり前だろ!』

という主張はもっともですが、本当に英語を伸ばしたいなら、批判ばかりするクレーマーになるより、講師の力を最大限伸ばせる優れた生徒になるほうがいいはずです。

レッスンへの要望は、講師は事前に読んでいないことを前提にする

最近のオンラインレッスンでは、事前にクラスへの注文が書き込めるものが多いです。

しかし、そのせいで、こちらの要望を読んでいないじゃないか!と気持ちが高ぶってしまう人もいるかと思います。

これも最もな主張で、当然事前に読んでおくことが望ましいのですが、講師も疲れや忙しさのためにできないこともあるのが現実。

レッスンの最初で、口に出してお願いすれば、それでもめることもなくなります。事前に読んでいた講師には、さらにそのお願いを強められます。

文章よりも、言葉のほうが気持ちも伝わりますしね。

お願いは、大雑把ではなく、具体的にすべし

レッスンの際、発音を直してください、とか、文法を直してくださいとお願いしたのに、まったく直してくれなかった!という経験はありませんか?

講師のタイプにもよりますが、具体的にお願いすると、直してくれる率はあがります。

「RとLの発音が苦手なので、とくにお願いしたいです」など。

講師も人間です。時に忘れたり、したくてもできないこともあります。

相手ができないことを責めるより、してくれるよう、対策を取るのがよいでしょう。

後で講師の否定をするよりは、3回ぐらいまではお願いしてみる

レッスン評価を読むと、この講師はこれをしてくれなかった!

という低評価をみますが、可能ならレッスン中に改善をお願いしてみましょう。

こんなふうにしてほしい、こんな点を指摘してほしい、話すのが早いからもう少しゆっくり話してほしい、など。

ただ、3回言ってもダメなら、さすがに諦めるしかありません。

学びたいんだ!!という気持ちをしっかりと伝える

やる気のある生徒には、講師はしっかりと向かい合ってくれます。その一方、こちらがやる気を見せないと、講師だって嫌になります。

私はいつも、自分の英語を何としても改善したい、ということと同時に、講師のプロフィールの魅力的な点を伝えるようにしています。こんな点で私はあなたに興味を持っており、あなたと学習できることを楽しみにしていた、と伝えます。

こうすると、講師もやる気満々になってくれます(^^) おすすめです!

相手の英語を吸収するための表現の引き出しを準備

講師の英語が聞き取れなかった、とか、知らない単語が出てきたのに聞けずに授業が終わってしまった。。。

なんとももったいないですね。「わからない」ことがわかるようになることで、学びは進んでいきます。

しかし、わからないのまま終わってしまうのはなんとも残念なことです。ぜひわからないときに聞き返せるフレーズをストックしておいてください。

今の単語どういう意味?あなただったらどういいますか?などなど。

もしこのような質問の英語が思い浮かばないのなら、今すぐに調べし!

講師のよさを見つけ、それが生きる授業を依頼する

私はレッスンを受ける際、講師の特徴に焦点をあてます。

発音が上手だと思ったら発音関係の質問をしますし、聞き上手だと思えば、スピーキングの練習をさせてもらいます。話し好きの講師には、リスニングの練習をしたいからたくさん話して!など。

講師の特徴をうまく活かすことで、何倍も素晴らしい授業が完成します。

初心者の場合、教材ベースに授業が進むと思うので最初は難しいと思いますが、オンライン英会話になれてきたら、ぜひ試してみてください。

授業の初めは、恥ずかしくても笑顔で(^^)

私たちが講師の第一印象を決めるように、講師も私たちの印象を最初の数秒で決定します。このときに、関わりやすそうな生徒だなと思うと講師も本来の力が出せるとのこと。逆に、やりづらそうと感じた生徒とは会話もギクシャクしてしまうし、コミュニケーションに意識を集中しすぎて英語の指導に力を注げないこともあるとか。

初対面時には、作り笑いでもいいので笑顔で「ハロー」と言ってみましょう。

終わりに

「オンライン英会話のレッスンをより魅力的にする10の秘訣」について紹介しました。

ほとんどは、あなたの意識次第で取り組めると思います。

同じ時間を費やすのなら、質の高い時間にしたほうがもちろんいいはず!

ぜひ講師とともに質の高い時間を作り上げ、実りのある英語学習に取り組んでくださいね。

私のお勧めするDMM英会話では、2回の無料レッスンを受講することができます。もし迷っている方は、無料レッスンだけでも受けてみてくださいね。

価格満足度No1