フィリピンに初めて行く方必見!フィリピン航空を利用してフィリピンに行ってみよう!

フィリピンに初めて行く方必見!フィリピン航空を利用してフィリピンに行ってみよう!

フィリピンに行くための方法はいくつかありますが、

始めてフィリピンに行く方は、フィリピン航空の飛行機を利用することをお勧めします。

理由は、

・日本の航空会社と比べ安いから

・日本→フィリピンの飛行機では日本人スタッフがおり、日本語のアナウンスも流れるから

です。

しかし、日本語が話せるからと言って、海外のイミグレーションではどうすればいいのか(そもそも、海外旅行が初めての方は、イミグレーションって何か全くわかりませんよね)、乗り換えはどうすればいいのか、荷物はどうすればいいのかと心配の方もいるかと思います。

そのため本記事では、

フィリピン航空を利用し、日本からフィリピン(今回は中部国際空港→マニラ→ダバオ)に移動する際にすべきことについて、細かく紹介します。

日本の空港でやるべきこと(チェックイン~搭乗まで)

まずは、国際線の出発ロビーに向かってください。

空港では、「国際線出発」「国際線出発ロビー」などといった表示があるかと思いますので、そちらに向かってください。

国際線出発ロビーに到着すると、多くの航空会社のカウンターがあります。歩きながら探してもいいのですが、見つからない場合は、案内ボードを探しましょう。利用する航空会社のカウンターがわかりやすく表示されているので、そこに向かいましょう。

続いて、カウンターに行き、チェックインを済ませてください。ここで大きな荷物を預けることになりますので、荷物の整理は事前に済ませておいてくださいね。

チェックインカウンターで必要な物は、基本的にはパスポートだけです。パスポートを渡すと、スタッフさんが予約を確認し、チケットを発行してくれます。

ちなみに、日本の空港では、基本的には日本語が話せる人が対応していますので、安心してチェックインしてくださいね。

チェックインカウンターですべきことは、

・荷物を預ける(フィリピン航空の場合、現在は23キロ×2つまで預けることが可能です)

・席の変更があればお願いする(チケットを発行する前に、急いで伝えましょう)

・乗り換えの空港で荷物を取り出す必要があるかを確認する

ぐらいです。

また、機内持ち込み荷物は7キロまでになっており、それを超えると追加料金が取られることがあるようです。余分な料金を取られないように、荷物の重量は事前に確認しておきたいところです。

また、フィリピンのマニラ空港で乗り換える場合は、関税の関係で、荷物を一度取り出してくださいと言われると思います。この荷物の扱いが少しめんどくさいので後で紹介します。

続いて、国際線の出発ゲートに向かいます。

そこでは手荷物検査があります。

パスポートと搭乗券が必要になります。

金属を身に着けている場合は取り外して、ケースに入れる必要があります。

また、液体類なども持ち込めません(私は今回、こんにゃくゼリーが引っかかりました)

手荷物検査を終えると、税関がありますが、通常の旅行であればスルーで大丈夫です。申請が必要なものを持っている場合は、ここで申請してくださいね。

その後出国審査があります。

日本人の場合、これは非常に簡単で、パスポートを開いて機械に読み込んでもらうだけです。

これらを終えると、出発ターミナルロビーにたどり着けます。国際空港の中には、多くのショップが入っているので、ここでショッピングを楽しむのもありですね。また、外貨両替所が多くあります。両替レートは良くないのですが、フィリピンの空港で両替するのが不安という方は、ここで両替しておくのもいいでしょう。

後は、チケットに記載されている搭乗時間まで待ち、ゲートが開いたらパスポートとチケットを見せ、飛行機に乗り込みましょう。出発ゲートで購入した食べ物や飲み物は飛行機に持ち込むことができるので、必要であれば出発ロビーで購入しておきましょう。

飛行機の機内編(国際便:中部国際空港~マニラ)

飛行機の機内ではまず、Arrival cardという1枚の紙が配られます。ここには、パスポート番号や日本の住所、フィリピンでの滞在先などを記入することになります。日本人は1枚だけですが、フィリピン人には2枚配られます。1枚しかもらっていないと不安にならないでくださいね。ちなみに、到着する空港にもボールペンが用意されていますが、ボールペンを事前に1本用意しておき、機内で書いてしまうと後が楽です。

しばらくすると、キャビンアテンダントさんが機内食を配ってくれます。これは飛行機によりますが、フィリピン航空では基本食事がついてきます。2つのメニューのうち、どちらかを選ぶように聞かれますので、好きな方を選びましょう。

今回は、こんな感じでした。

その後は、飛行機の旅をお楽しみください。

ちなみに、機内はめちゃくちゃ暑かったり寒かったりします。飛行機には、個人個人が調整できるエアコン設備がついています。丸い突起物をクルクル回すことで、風量を調節できますので、機内の温度に合わせて調節してくださいね。

フィリピンに到着。マニラ空港ですることのまとめ

飛行機を下りる際は、忘れないものをしないように気を付けてください。

その後、International Baggageと書いてあるエリアに向かってください。

その後、わかれ道が現れます。マニラ空港が目的地の人は、そのままInternational Baggageに向かいますが、別のエリアに行く方は、Transfersと書かれたエリアに向かってください。Transferは乗り継ぎですね。すると、お待ちかねのイミグレーション(入国審査)が登場します。

ここからはすべてが英語での対応になると思ってください。日本語で助けを求めても、スタッフさんは話せませんのでお気をつけて。

イミグレーションでは、パスポートとチケット、また機内で記入したArrival cardを提出しましょう。「旅行の目的は何だ?」とか「どこに滞在するのか?」など聞かれます。英語がわからなければ、話せないアピールを何とかすれば、通してくれます笑

その後、Baggageクレームに預け荷物が流れてきますので受け取りましょう。

近くの壁などを探すと、このレーンはこの飛行機だよ、という表示が見つかりますので、飛行機の番号と表示を確認し、しばらく待ちましょう。

(フィリピン航空の場合)

荷物を受け取った後、近くにいるスタッフさんに、乗り換え(transfer)と伝えてください。スタッフさんは、シールをペタペタと貼り、その荷物をまたどこかに持っていきます。税関を通すために取り出したはずなのに、シールを貼るだけで終わってしまい、これでいいのかと思いましたが、これでいいようです。また、再度マニラ空港のチェックインカウンター(荷物を預ける用のカウンター)まで自分で運び、再度自分で預けるという方法でもいいようですので、簡単な方法を選んでくださいね。

マニラ空港に入ると、両替所がたくさんあります。ここでお金を両替するのもありですが、値段はよりけりです。

その後、フィリピン内を移動するので、国内線出発ロビー(Domestic Departures)を探しましょう。

国内線出発ロビーに入る際には、荷物検査があります(日本ではこの時点ではありませんが)

日本でマニラ発の便のチェックインが済んでおり、荷物も預け終わっている場合は、そのまま出発ロビーに向かってしまってOKです。(基本的には、日本でチェックインが終わっていると思います)。手荷物検査を受け、そのまま出発ロビーで時間まで待機してください。

【重要】

マニラの空港から出発する場合、気を付けるべきは、出発ゲートが突然変更になることがあることです。記載されているゲートで待っていたら、突然ゲート番号が変わった!ということは頻繁に発生しますので、アナウンスをよく聞いてください。しかし、英語のアナウンスのため、英語が話せない人はパニックになると思います。しかし、基本的にはゲート前の電子ボードに出発便の情報が表示されていますので、それを確認してください。突然、自分の便の情報が消えた場合は、ゲートが変わった可能性を考えてください。その場合、英語が話せなくても、スタッフさんにチケットを見せれば、どこのゲートに変わったかを教えてくれますので、安心してください。とりあえず、マニラ空港では、ゲートの番号が突然変わる!これだけ覚えておいてくださいね。

時間になったらゲートが開きますので、パスポートとチケットを見せて乗り込みましょう。

国内線のため、特に用紙が配られることもありませんので、機内では自分の時間をお過ごしください。

目的地に到着したら、同じようにBaggage Claimに向かい、荷物を取り出してください。国内線のため、イミグレーションや税関はありませんので、荷物を取り出したらそれで完了です。空港外で待ち合わせをするか、タクシーを捕まえて移動しましょう。

まとめ

今回は、日本からフィリピン(今回は中部国際空港→マニラ→ダバオ)に移動する際の動きについてご紹介しました。英語が話せない人は、国際線の利用が不安になるかと思いますが、イメージをつかんでおけば、安心して利用できると思います。ぜひ機会がありましたら、ぜひフィリピンにも遊びに来てくださいね。