フィリピンの病院でかかる費用は?
入院代がバカ高いって本当?

フィリピンの病院でかかる費用は?<br>入院代がバカ高いって本当?

最近、ダバオ市には外国人観光客が増えてきています。

フィリピン国際化の中心地としても期待されているダバオ。

今後は、日本人観光客や外国人観光客も増えることでしょう

ダバオに観光客が増えることで気になることの1つが、

ダバオの病院事情です。

ネットの情報では、

フィリピンの病院は安い!

とか、

入院すると数十万というお金がかかる!

とか、様々ですが、実際にはどうなんでしょうか。

フィリピンの病院事情

gray gatch bed in hospital

フィリピンには、主に2つのタイプの病院が存在します。

パブリック病院と、プライベート病院です。

フィリピンのパブリック病院とは

簡単に説明します。

パブリック病院は、国や自治体が運営している病院です。
お金儲けよりも、国民や市民の健康管理を大切にしています。

そのため、

何よりもの利点は、⭐安さ⭐です。

しかしその一方、多くの人が利用しますので、とりあえず込み合います。
3時間も4時間も待つことはよくあります。

そしてフィリピンの深刻な問題は、ドクターが時間になっても来ないこと。
フィリピンタイムは、病院のドクターにとっても当てはまるようです。

そして、施設の管理にお金を回す余裕がないため、汚いところが多いです。

しかし、デング熱やインフルエンザ、感染症など、
多く深刻な病気が蔓延するフィリピンでは、
保険なしでも安く利用できるパブリックホスピタルは
非常に重要な場所なのです。

フィリピンのプライベート病院とは

簡単に説明します。

プライベートホスピタルとは、
病院自体が「会社」のようになっている病院です。
国民を安全を守ることも大切にしながら、お金儲けも大切にしています。

そのため、

利点は、施設がきれいで、システムも整っており、早く診察を受けられることです。

しかしその一方で、残念な点もあります。

簡単にイメージできるかと思います。

それは・・・

費用が高い!ことです。

フィリピンで病院を利用する際には、このあたりの基礎を抑えていく必要があります。

病院の診察や入院にかかる費用

woman having blood pressure monitor

みなさんが一番気になるところは、ここではないでしょうか?

フィリピンで病院を利用した場合、いったいどれだけの費用が掛かるのか。

インターネット上の情報では、

フィリピンの病院はめちゃくちゃ高い!!

入院すると数十万がパーッと飛んでいく!!

などと書かれていますが、これは本当なのでしょうか。

日本人の多くは、病院を利用する場合は、主にプライベート病院を使うことを選ぶ(?)かと思いますので、本記事では、プライベート病院でかかる費用の一例を紹介します。

※すべて保険なしの金額です。また、患者は私ではありません。

事例1:高熱が続き、プライベート病院を利用した場合の費用

症状:

・38度程度の熱が続いている。
・のどに強い痛みがある。

※診察結果は、軽いインフルエンザ。

病院での主な流れ:

受付→診察→検査→検査結果受け取り→診察(評価)→病院の会計→薬の購入

かかる費用

検査費
尿検査 120ペソ
血液検査 200ペソ

診察費 
一次診察+二次診察 420ペソ

薬の費用
薬(1週間分) 300ペソ

⭐合計:約1000ペソ⭐

事例2:39度の熱が急に出て、デング熱の可能性もあるため、プライベート病院を利用した場合の費用

症状:

・39度の熱が急に出た。
・体中に痛みがある。

※診察結果は、デング熱でもインフルエンザでもなく、感染症。

病院での主な流れ:

受付→診察→検査→検査結果受け取り→診察(評価)→病院の会計→薬の購入

かかる費用

検査費
尿検査 120ペソ
血液検査 200ペソ
デング熱検査 1000ペソ(検査方法はただの血液検査です)

診察費 
一次診察+二次診察 400ペソ

薬の費用
薬(1週間分) 500ペソ(解熱剤および抗生物質)

⭐合計:約2200ペソ⭐

事例3:生活習慣病により緊急入院。プライベート病院に4日間入院した場合の費用

症状:

・持病の高血圧により、身体機能が著しく低下。
・両腕が動かなくなる。

※すぐに検査を受けられ、入院ができるプライベート病院に即入院。

病院での主な流れ:

電話予約→受付→病室へ移動→診察→CT検査→診察(評価)→入院4日間

かかる費用

部屋代
1人部屋 1泊 2400ペソ 

CT検査代
16000ペソ

診察費、その他検査費、薬代等
16000ペソ

⭐合計:42000ペソ⭐

という感じです。

フィリピンの病院に関するその他の情報

ちなみに、日本では保険に入っていれば、
基本3割負担で医療施設が利用できますが、
フィリピンでは、一部補助というのが実際です。

例えば、事例3では、合計金額が42000ペソですが、
保険を利用した際は、34000ペソ。
確かに安くはなりますが、そこまで大きな割引率ではないため、
保険に加入しない国民が多いのが現状です。

日本人からすると、風邪による診察(入院なし)の費用は許容範囲である一方、
入院に関しては高いと感じる人が多いのではないでしょうか。

ちなみに、フィリピン人の給料事情からすると、
入院代はバカ高いことがお分かりいただけるかと思います。

ダバオ市のプライベート病院紹介

最後に、フィリピンの病院のイメージを持ってもらうためにも、私が住むダバオ市の1病院の情報を紹介します。

Metro Davao Medical And Research Center、通称、「MDMRC」と言われるプライベート病院で、ダバオのアブリーザモール近くにあります。

入るとすぐに、インフォメーションセンター

どのように行動すればいいかが、わかりやすく示されています。

広い病院ですが、どこに何があるか明確です。

部屋ごとの役割も明確

会計も混んでおらず、混んでいる際は電子掲示板でご案内。
全体的に、非常にわかりやすく、またきれいな館内。
さすがプライベート病院といったところです。

フィリピンでは、病気にならないことが一番ですが、
もしなってしまった場合にどうするか、
ということもしっかりと考えておく必要があります。

終わりに

本記事では、フィリピンの病院事情と、
病院で診察を受けたり、入院した際のリアルな費用、
そして、プライベート病院の一例として、ダバオの病院を紹介しました。

診察や検査、薬代に関しては、
保険がなくても、日本人の経済事情であれば
そこまでおびえる必要はないというのが現状です。

しかし、入院や大きな検査になると、金額が一気にあがりますので、
注意が必要です。

健康が一番ですが、
フィリピンでは、
空気が汚れていたり、
デング熱があったり、
感染症があったりと、
病院を必要とすることもあると思います。

急な病気で焦らなくてもよいように、

しっかりと事前に対策をしておいてくださいね。