フィリピンの物価は本当に安いの?【食料編】:
フィリピン人の生活事情【第2弾】

フィリピンの物価は本当に安いの?【食料編】:<br>フィリピン人の生活事情【第2弾】

フィリピンの物価が安いと聞きますが、本当に安いのでしょうか?
気になりますねー!!

前回の記事では、フィリピン人の生活事情【第1弾】と題して、フィリピンの給料事情と労働法について紹介しました。

フィリピン人の給料も、日本人と同様に、職業、エリア、ポジションなど、様々な要因が関わっているため、一概には言えませんが、日本と比較すると、非常に低い給料であることがわかります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

でも、フィリピンは物価が安いんでしょ??

と返答が返ってきそうですが、フィリピンの物価は本当に安いのでしょうか?

本記事は、フィリピンで生活するには必須ともいえる、食料品の値段を一挙紹介したいと思います。

※写真の数値は、すべてフィリピン通貨のペソ表記です。円に直したい場合は、約2.1倍してください。(例えば、100ペソであれば、100×2.1=約210円)

※今回は、フィリピンのダバオにある、ショッピングモールの価格を参考にしました。衛生面にも配慮しているため、日本人をはじめ、多くの外国人が訪れます。

近所の安めのスーパーなら、この価格から1~2割引き、市場であれば、生鮮食品や果物、野菜が3~5割引きで購入できるかと思います。

フィリピンといえば・・・米ですよね!

米 1キロ 47.5ペソ

安いコメは1キロ50ペソ未満で変えますが、ブランド物を買うと50ペソ~です。

肉類

フィリピンの食事は、米と肉があればみんな満足します!笑

牛肉はフィリピンでも、少し高めです。レストランでも牛肉を使った料理は高めの設定となっています。

豚肉は、フィリピンでよく利用されます。牛肉と比べると少し安め。1キロあたり500円というところです。

豚のひき肉です。さらに少し安め。このおかげで、フィリピンではハンバーグが比較的安く食べられます。

フィリピンでは、鶏肉も大人気。豚肉よりもさらに安く購入できます。

ソーセージは、1キロ150ペソ程度。日本ではお肉よりも高めですが、フィリピンでは、お肉よりも安く買えます。

栄養価が非常に高い卵はどうでしょうか?

こちら、12個入って85ペソ。約200円です。日本と変わらない・・・

野菜類

私はフィリピンで野菜ばかり食べていますが、気になるそのお値段は?

小さいジャガイモ4つで約100円。日本よりも高い?

にんにくは、4つで60円程度かな。フィリピン料理では、にんにくよく使います。

大きなトマトに出会うことはあまりありません。小さなトマト7個入りで、約50円。

かぼちゃに似た野菜、スクワッシュ。フィリピン人の大好きな野菜の1つ。半分で約80円

人参は高めです。2本で120円程度。

小さめの白菜半分で85円。

オクラはとっても安い!大きめのオクラが7本ぐらい入って、約30円!

フィリピンでは、ナスを使った料理も多いです。細目のナス3本で65円

キャベツも、日本のような大きなキャベツはなかなか見つかりません。小さめのキャベツ1つで100円ちょい。

フィリピンの大根、とってもかわいいんです。

小さい大根2本で40円!

少し小ぶりな玉ねぎ。2つで85円。

果物

フィリピンで大人気のパパイヤ!結構大きなパパイヤが1個80円。

大きめのパイナップル!ですが、260円程度となかなかのお値段。

セブマンゴー。セブだと安いですが、ダバオはそこそこします。

3つで320円。上の大きさのマンゴーであれば、1つ110円程度。

日本の富士リンゴ!なんと3つで660円程度。1つ220円!買う人いるのかな?

ダバオの果物と言えばこれ(?)私の大好物ぽメロは、1つ270円!

6本入りのバナナは110円!日本の特売価格と変わらない?

魚介類

健康に良いとされる魚介類。私も積極的に魚介類を食べています。

フィリピンでも人気のマグロ。1キロあたり、約1200円。お肉よりも高いですね。

サーモン!なんとフィリピンでは、マグロよりもサーモンのほうが高い!1キロ当たり1500円の高級食材です。

屋台でもよく目にするイカ。キロ当たり600円。魚よりは安いので、フィリピン料理によく使われます。

バングース。わかりますか?サバです。比較的安めのお値段。

おまけ:沖縄のように、色鮮やかな魚が並びます。

乳製品

健康のために積極的に取りそろえて対乳製品ですが、そのお値段は?

牛乳はまさかのこのお値段。1リットルで、約200円!日本と同じ!?

小さめのヨーグルト。1つ65円程度。買うのには、勇気がいります。

[the_ad id=”527″]

スライスチーズ。10枚で140円。乳製品高い・・・

バターは200gで85円程度。

フィリピンでとっても人気のヤクルト。5本で100円弱となかなかのお値段ですが、すぐに売り切れます。

飲料

水やジュースのお値段は?

500mlのお水は約20円。気軽に買えます。

1リットルでは、30円ちょい。大きくなればなるほどお買い得。私はいつも、6.6リットルで50ペソ(110円)程度の水を購入しています。

トロピカーナのオレンジジュース。1リットルで130円ぐらい。

フィリピン人大好きコーラは1.5リットルで130円

調味料

料理をするには必須。調味料のおねだんは?

砂糖は1キロ105円。日本の安い砂糖と同じぐらいかな?

フィリピン料理も基本はしょうゆベース。1リットルで90円。

ジンジャーは安く買えます。1リットルで70円程度。

麺類

麺類はどうでしょうか?

スパゲッティ800gで130円

フィリピンの麺類の代名詞、パンシット。6袋で120円。

食パン&ジャム

朝食時には、パンが食べたくなりますよね。

約1斤分の食パン。140円程度。

チョコクリーム。350Gで約380円。おいしいのですが、高くてやめました。

各種ジャム。320gで250円程度。100円のジャムに慣れている私には、なかなかの値段。

お菓子・アイス・コーヒー

疲れたときに、お菓子やアイス、食べたくなりますよね。

フィリピンで人気のお菓子。10枚入って、約110円。

ネスカフェのコーヒー。30袋入って、380円。私は1袋2ペソのコーヒーで十分ですが。

フルーツ缶。たっぷり入った大容量の800gで160円程度。

暑いフィリピンでは、アイスも大人気。大容量1.5リットルで、530円程度。

まとめ

フィリピンの食料品に限定して、フィリピンの物価事情を紹介してきましたが、いかがでしたか?

安いものもあれば、高いものもあります。

しかし、思ったよりも高い!と思われた方もいるのではないでしょうか。

実はここ数年、物価がぐんぐん上昇しているそうなんです。5年前はもっと安く買えたのにというのが現状のよう。

そのため、フィリピン人の給料アップは、国としても緊急の課題となっています。

今回は、食料品に限定して紹介しましたが、実は日用品や家具、家電製品は、さらに高い印象を持っています。

また時間を見つけて紹介したいと思いますので、ぜひ遊びに来てくださいね。