宗教の違いは歴史的事実を超える??

宗教の違いは歴史的事実を超える??

海外からこんにちは。

突然ですが、みなさんはこの写真を知っていますか?

f:id:english-study-beginners:20191019132642j:image

日本人なら、多くの人が知っていることと思います。

海外の方と話しているとき、なぜか人類の進化の話になり、

「人間がサルから進化したなんてありえないよねー!!」

と言われ・・・

一瞬、意味がわかりませんでした。

「えっ、人間は、サルではないかもしれないけど、サルっぽいものから進化したんじゃないの!?」

と私。

「そんなわけないじゃん、もしかして、人類の進化論を信じてるの?」「あんなの冗談に決まってるじゃん」

かなりテンパリました。

だって、学校でそう習ったし。。

その後、一枚の写真が送られてきました。

f:id:english-study-beginners:20191019130530j:image

そう、アダムとエバ。

やっと理解しました。

そう、キリスト教では、神様が人間を作ったことになっています。聖書の冒頭で、神様が人間を作りました。そして、彼らは神様と非常に近い容姿を持っており、この写真からもわかるように、ほぼ現代の人間と同様の容姿をしています。

どちらが正しいのか!

と議論するつもりはありませんが、

私が感じたことは、

宗教の違いは、価値観だけでなく、

歴史的事実や、科学にも大きな影響を与えるということです。

もし私がキリスト教の女性と結婚し、

日本で子育てを行った場合、

一体どうなるのでしょうか?

子どもが幼い時期に

妻「人間は神様が作ったのよ」

私「…(口をふさぐ)」

学校にて教師が人類の進化論を説明

子「学校で、人間はサルだったって聞いたよ」

妻「それは冗談だから、気にしないでいいわよ。人間は神様がお作りになったんだから」

私「…(口をふさぐ)」

子どもが友達に人類の進化論は間違っていると伝える

子「人間は、人間のままで生まれてきたんだよ!」

友達「そんなわけないじゃん!学校で習っただろ!」

……

そんな未来をついつい予想してしまいました。

宗教の違いによって、習慣や価値観が様々であることは理解していたつもりでしたが、

今回のように、「事実」が異なった場合、どのように対応すればよいのか、すごく難しい問題だと思います。

日本人は、これらのことを、歴史的事実、真理などの非常に強い概念で理解しています。

しかし、キリスト教の人々にとっては、神様が今の人間の容姿のままで作った、というのが真理なんです。

私自身も、柔軟に、しかし同時に、自分の意見もしっかり持たなきゃな、と感じた一件でした。

もし、これに関して意見がありましたら、ぜひコメント残してくれるとうれしいです。ではまた。