YouTubeでお金を稼げるのはどうして?
YouTube広告の仕組みを徹底解説

YouTubeでお金を稼げるのはどうして?<br>YouTube広告の仕組みを徹底解説

2020年は、YouTubeが稼げる!と聞いてYouTubeに参入した人も多いことでしょう。

 

しかし、YouTubeでどうしてお金を稼げるのか、正しく理解していますか?

 

本記事では、YouTube広告による収入の仕組みについて説明します。

 

YouTubeでお金が発生する仕組み

まず、基本的なことですが、なぜYouTuberはお金をもらえるのか、ということから説明します。

 

商品やサービスを売りたいと考えている企業がいます。

 

その企業は、商品やサービスの存在や、すばらしさを伝えるために、広告という方法で情報を広めます。

 

非常にシンプルな広告の方法が、下の画像にあるような手作業によるペーパー広告の配布です。

 

 

企業は、企業と人々を仲介してくれた、この「ペーパー配りのお姉さん」にお金を支払うわけです。

 

しかし、この方法には大きな問題がありました。


せっかく大きなお金を支払って広告を配っているのに、ペーパーを受け取るのはほんの少しの人で、さらには興味を持つ人はごく一部でした。

 

そこで新たに生まれた方法が、テレビの動画と動画の間に組み込まれた「CM」です。

テレビの利用者は非常に多いため、テレビのCMを使えば、多くの人々に企業や製品を知ってもらうことができたのですね。

 

 

企業は、企業と人々を仲介してくれた、「テレビ会社」にお金を支払うわけです。

 

しかしながら、また大きな問題が生じます。
なんと、テレビ離れが始まったのです。


テレビは様々な制限がありますし、番組を視聴できる時間も決まっています。
世界でテレビの利用者は急激なスピードで減っているのです。

 

では、多くの人はどのように動画を楽しんだり、新たな情報を得ているのでしょうか。

 

そう、それが「YouTube」です。
現在は、テレビ離れが加速し、YouTube利用者が急激に増加しています。
それもそのはず、YouTubeは、勉強にも、暇つぶしにも、問題解決にも役立ちます。
YouTubeを利用すれば、いつでもどこでも、自分が見たい多くの動画が楽しめるわけです。


YouTubeは、優れたYouTuberの動画に、広告を掲載することにしました。
こうすることで、多くの人に企業の広告が届くようになったのです。

 

 

企業は、企業と人々を仲介してくれた、「YouTube」にお金を支払うわけです。
そしてYouTubeは、優れた動画を配信してくれたYouTuberたちに、収入の一部を分け与えるわけです。

 

これが、YouTuberたちがYouTubeでお金を稼ぐ基本的な考え方です。

 

ちなみに2019年の広告費に関し、インターネットの広告費がテレビの広告費を超えたと報告されました(参照)。
今後、多くの企業は、テレビCMに費やしていた費用を徐々にインターネット上の広告に移していくでしょう。

 


このことから考えても、これから数年間はYouTube広告への広告費用は増えていくと予想されます。
これが今、YouTubeが狙い目という理由の1つなのですね。

 

YouTube動画広告のすごさとは

YouTube動画の優れている点は、多くの視聴者に見てもらえることはもちろんですが、適切なターゲットに向けて広告が発信されるのが魅力の1つです。

 

YouTubeのアルゴリズムは、視聴者がどのようなことに興味を持っているのかを、過去の視聴動画から調べています。

 

ユーザーにとって興味があるジャンルの広告をYouTubeのアルゴリズムが積極的に掲載することで、広告のクリック率やその後の成約率が格段に高くなるのです。

 

視聴者の目に触れやすいというだけでなく、広告クリック率や成約率も優れているというのがYouTube広告なのです。

 

YouTube広告の収益の仕組み

ユーザーがYouTube広告を見ることで収益が発生するわけですが、その金額や仕組みについては、YouTubeは明らかにしていません。

 

一時期は、1再生当たり0.1円といわれていましたが、最近ではこの仕組みは当てはまらないというのが大方の見方です。

 

その代わりにYouTubeは現在、「クリック課金型」「視聴課金型」「インプレッション課金型」の3つの種類を利用しています。

 

「クリック課金型」は、Googleの広告をイメージすれば分かりやすいと思います。
YouTube画面の様々な場所に広告が貼り付けられており、ユーザーがその広告をクリックし、一定の興味を示した場合、料金が支払われる仕組みです。

これは、興味がある人しかクリックしない→成約に繋がりやすい方法と認知されるため、高めの単価が設定される傾向があります。

 

2つ目は「視聴課金型」です。動画の前や中間に、広告動画が流れますが、広告動画が30秒以上(もしくは最後まで)再生された場合に一定の金額が支払われる仕組みです。

多くの人がスキップしてしまいますが、条件を満たした場合には数円~20円ほどの広告費が入るといわれています。

 

最後は、「インプレッション課金型」です。
これは、スキップのできない6秒程度の動画広告のことで、
動画の始めもしくは途中で流れます。

 

インプレッション課金型は、視聴された回数によって広告費が発生しますので、
動画の再生回数が多いほど稼ぎが大きくなるといわれています。

 

終わりに

今回は、YouTubeでお金を稼ぐための基本的事項の確認と、収益化にかかわる広告の種類について紹介しました。

 

今後、YouTubeにより大きな広告予算がつぎ込まれることは現状ではまず間違いないと思いますので、YouTubeを始めるべき!という指摘はあながち間違いではありません。

 

ただ、どの分野もですが、中途半端な覚悟では稼げないのが世の常。

 

YouTubeを利用するときは、稼ぐために本気でやるか、もしくは楽しく続けることをメインにするかのどちらかがいいかと思います。

 

本サイトではYouTuberにとって有益な情報を発信していきますので、またぜひ遊びにきてくださいね。